幼児コース

英語を自由自在に使える人は「英語脳」を持っていると言われています。英語脳とは、単純に言うと「英語は英語で考える」ということです。

例えば、英語を聞いたら、その意味を日本語に置き換えて理解するというステップを挟まずに、聞いただけで理解できる状態のことです。また、話す時も、まず日本語で考えてから、それを頭の中で英語に作り直して話すのではなく、日本語で考えなくてもスラスラと英語が口から出てくるような状態のことです。

帰国子女やバイリンガルの人は、今までの経験や習慣から、自然とこれが出来るようになっているんですね。これは、留学したりしないと身につかないと思っている人も多いと思います。でも、本当は6歳以下の成長期の幼児なら誰でも英会話スクールできちんとしたレッスンを受けるだけで身につけることができます。

9歳までに英語耳を身につける英語脳を作るために一番大切なことは、英語に触れる『環境』をできるだけたくさん作ることです。日本語を特に教えなくても自然と覚えるのと同様に、6歳頃までの子どもはひたすら英語に触れ続けることで自然と感覚で英語を覚えていくのです。
アウリンでは、レッスン中により多く興味を持って英語に触れる環境を作るために、子どもの興味のあることと、英語を常に一緒に行うようにします。例えば、歌やダンス、絵本、ゲームなどのレッスンは、どれも子どもが大好きで興味のあることばかりです。そしてそこに、英語を取り入れていくだけで、子どもはまるで遊んでいるかのように夢中になってレッスンを受けながら自然に英語のシャワーを浴びることができ、感覚で英語を体に浸み込ませていくことができるのです。
このようなレッスンを半年間ぐらい受けると「字幕なしの英語のアニメを自力で理解しながら見ること」ができるぐらいの英語力が身につけます。また、常に遊びの要素と一緒に英語に取り組むので、英語に対して「好き」という感情を持つことができるようになります。

10歳からは理屈で英語の理解を加速させる脳が最も活性化する一番の方法は、「視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚」の五感を総動員させることだといわれています。英語を習得するにあたっても同じように、ただひたすら英語を聞くだけよりも、体を動かしながら英語を聞いたりするなど五感を使ってレッスンをするほうが何倍も英語力の向上につながります。
そこで、アウリンのレッスンでは五感をフルに使えるようなレッスンを意図的におこなっております。英語の歌を歌いながらダンスを踊ったり、車のおもちゃを触りながら車(car)という英単語を覚えたりするなど。
そうすることで子どもは、耳で聞いた単語やフレーズと実際目で見た「モノ」とが自然とつながるために、日本語を通さずに反射的に自然と見たものを英語で話すことができるようになるのです。

「英語」×「遊び」で英語が好きになる。だから長く通い続けられる!アウリンでは、子どもの発達段階に応じた指導を実施しております。幼児期においては、感覚が研ぎ澄まされており、柔軟に英語を聞くことのできる耳を持っているため、レッスンの大半をリスニングの時間にあてています。そうすることで、「英語脳」の習得に取り組みます。また、簡単な単語やフレーズを繰り返し覚えていきます。
小学生低学年においても、9歳ごろまでは耳が発達段階なので引き続きヒアリングのレッスンを重点的におこないます。また、この頃になると徐々に単語量やフレーズの長さなども伸ばしていき「話す」力の成長にもつなげていきます。
高学年になると、脳の構造が大きく変わり論理的な思考を行えるようになるため、これまで感覚で習得してきた英語を、「英文法」「会話の法則」といった理論に落とし込んでいきます。そうすることで、「感覚」+「理論」が結びつき始め一気に「書き取る力」「読む力」が伸び始めます。

とある1日のレッスンの内容(60 分)

  • レッスン中はもちろんオールイングリッシュ。多彩な英語の単語・フレーズがまるでシャワーのように子どもの耳に入ってくるので、日本語と同じように自然と感覚で英語を覚えることができるようになります。

  • 五感をフルに活用することで子どもの吸収力は何倍にもアップします。また、レッスン内容が10分おきにどんどん変わるので幼い子どもでも集中力を切らさずにレッスンに取り組むことができます。

  • 英会話で頻繁に出てくるフレーズや単語は繰り返し練習するので、日本語を脳の中で思い浮かべないで英語だけがスッと出てくるようになります。

  • 1クラス5人以下の少人数制レッスン。一人一人の話す時間を十分にとることができるので話す力がどんどん伸びていきます。また細かな指導も可能となり、初心者の子どもでも安心してはじめることができます。

  • 英語をマスターするための近道はとにかくたくさん話すことです。失敗してもいいからたくさん話すことで自然と上達します。当教室では子どもたちが自信をもって話せるようにできる限りいろいろな場面で「褒める」ことによって、自信をもって英語を話せるように指導しています。

  • 1年間の中に、「ハロウィンパーティー」「クリスマスパーティー」をはじめイベントが盛りだくさん。また「書道+英会話」「料理+英会話」など英語を通して豊かな体験を積むことができます。

  • この時期の子どもは耳が発達段階にあるため、ネイティブに近い発音が教えなくても自然と身につけることができます。
    外国人講師や、アニメなどの発音から自然とネイティブなキレイな発音を習得します。

  • 子どもたちが将来様々な場面で英語を活用することできるよう、聞く・話す・読む・書く力、すべてにおいてバランスよく習得していきます。
    長期的なカリキュラムに基づいたレッスン内容となっております。

  • 当教室、アンケートにおいて最も頻繁に出ていたのが、「とにかく子どもが毎回たのしそうにレッスンに通ってくれている」ということです。
    ゲームやクイズなどをおりまぜながらまるで遊びに来ているかのような感覚で英語を自然と習得していきます。

  • 1ヵ月、5800円と家計にも優しい料金設定となっております。また、月額制なので安心して通わすことができます。友達がたくさん出来て、英語がどんどん身につく!とってもお得なことばかりです。

よくあるご質問

Q1. 宿題はどのようなものでしょうか?

宿題はありません。宿題がなくても毎回のレッスンだけでしっかりと英会話が上達するプログラムになっていますのでご安心ください。もちろん宿題希望者には好きなだけ宿題を与えることもできますので。

Q2. 英語学習は早い時期からスタートした方がいいのですか?

もちろん低学年からスタートした方が良いです。年齢が若ければ若いほど英語を感覚的に身につけていくことができるので英語を英語のまま理解することができますし、口の構造も日本語に適した骨格になる前のまだ発達途中なので英語をとてもきれいな発音で身につけることができます。

Q3. 読み書きはするのでしょうか?

英語の読み書きができるようになることで英会話が飛躍的に上達しますので、どのクラスでも読み書きの時間を設けています。1レッスンで読み書きに使う時間の割合は、幼児クラスなら2割、小学校低学年なら3割、高学年なら4割が目安になっています。読み書きができるようになることで英会話の上達の助けになりますし、中学校への準備も万全となります。

Q4. どんな教材を使用しますか?

主にワークブックやワークシートを使用します。ワークブックでは読み書きの基本となるアルファベットや語彙力を伸ばす単語の書き取りが主になります。ワークシートは毎月のターゲットとなっているフレーズや単語にそった内容で、レッスンで学ぶ英会話の理解を深めるものになっています。あまり細かいところは気にせず、とにかく英語を書く楽しさを感じてもらえるように指導しております。

Q5. シャイな性格なのですが大丈夫でしょうか?

まったく問題ありません。レッスンではゲームなどアクティビティをふんだんに盛り込んでありますので、どんなに恥ずかしがり屋な子でもレッスンを楽しんで参加することができますしクラスのお友だちともすぐ打ち解けることができます。英語を口に出して言うことを強要せずその子が自分の意思で英語を口に出せるようにも促していきますのでご安心ください。日本語とはまた違うオープンな要素をもつ英会話を学ぶことで明るくオープンな性格にも変わっていきます。シャイな性格の子ほど英会話はオススメです。

Q6. 週40分のレッスンで十分でしょうか?

週に1回、40分の授業においても最大限に英語に触れることができるレッスンとなっているので英語の習得にはつながります。しかしながら語学の成長は「量」だということも決して否定はできないので、週2回通われることを当教室は推奨しております。また、年2回の面談においてお子さんのレッスンでの様子や成長段階をプロの目からお伝えし、その時々に最適な週の回数のアドバイスを行ってまいります。

お客様の声
はしもとりりい

Q1.英語教室に来る前に持っていた悩み・願望は。

無理やり英語を頭の中に入れ込むのではなく、自然に身についていってほしいという希望がありました。

Q2.願望はどのように解消・実現されましたか。

自宅で英語に触れるわけでもないのに、発音が私とは全く違うことや発音のしかたをきちんと教えてくれる所です。

Q3.入って良かった点は。

日本人が日本語を話せる様に英語も自然と子ども達に身につけて下さっている事です。ただただアウリンの先生に会えたことに感謝しています。

(年長りりぃちゃんの保護者)

ふたば

Q1.英語教室に来る前に持っていた悩み・願望は。

自分自身があまり話せないのとヒアリングが苦手だったので子ども達には出来るようになってほしいと思います。

Q2.願望はどのように解消・実現されましたか。

英語に対する苦手意識はないと思います。毎回のレッスンが楽しいと言っているので勉強という感覚ではなく身についていっていると思う。

Q3.入って良かった点は。

お風呂や食事中に英語で習った遊びやフレーズを言ってくれている。友達と楽しく勉強できており、英語にも興味をもってくれている点がよかったなと思います。

(年長ふたばちゃんの保護者)